印鑑は登録の有無で効力が変わります

  • RSS

認印とは、印鑑登録の届出を出していない印鑑のことですが、シャチハタハンコや三文判と言われる安いハンコを使っている方は多いでしょう。
三文判と言われるハンコは、元々は、失敗作や練習用に彫ったハンコのことです。
現代になるにつれて、失敗作や練習用のハンコではなく、安いハンコのことをさす言葉になったわけですが、これらは認印として作られたものではありません。
というのも、手彫りのハンコの職人さんが一生懸命に彫ったハンコも、印鑑登録や届出をしていなければ、認印であり、実印や銀行印にはなりません。

もっと言えば、シャチハタハンコは登録できませんが、100円ショップなどで売られている三文判は、印鑑登録や届けをすれば、実印や銀行印になるということです。
シャチハタハンコが登録できない理由は、使用していくと印影が変わってしまうことがごく稀にあるからです。
印影が変わってしまうと、登録したものと変わってしまうので、大変なことになってしまいます。
だから、登録ができないわけです。
法律的な効力で言いますと、実印と認印は、変わりはありません。
ただ、実印や銀行印というと、セキュリティーの問題がついてきますので、やっぱり、印影の読みにくいハンコを彫ってもらったほうがよいかもしれません。

そして、先ほども書いたように、認印も紙に押した時点で、効力を発揮するハンコなので、無くさないようにしましょう。
ハンコの種類は、ハンコの値段ではなく、登録の有無で、変わってしまうのです。
ハンコはどれも貴重品なので、通帳などと一緒に大切に保管しておくとなくさなくて済むかもしれませんね。

〔厳選お役立ちサイトのご紹介〕
これからハンコを買おうと思っている方、もっと良い印鑑をお探しの方に、
印鑑の比較サイト《印鑑ネット》がおすすめ!
レビューや売れ筋ランキングから、初めての方でも失敗しない印鑑選びができます!

このページの先頭へ